作業員

蜂を退治するにはタイミングと道具と知識が必要です

帰省本能がある

蜂の巣

アシナガバチ駆除をする場合は、しっかり駆除を行なわないと意味がありません。なぜなら、残ったハチが同じ場所に巣を作ろうとするからです。近づけない場合でも近くに巣を作っていることが多いでしょう。

読んでみよう

夜や朝が最適

ハチの巣

たくさんいる害虫のなかでもよくテレビで取り上げられるのが蜂のトラブルです。日本に生息している多くの蜂は春頃から活動を開始します。最初は一匹で蜂の巣を作り、そこから夏になるまでの間に数を増やします。そのため、蜂の被害が目立つのは夏頃がピークとなるでしょう。普段は大人しい蜂もいますが、巣に近づくと警戒され、襲ってくることもあるのです。テレビで蜂を退治するときによく見られるのが防護服でしょう。防護服は蜂を刺激しにくい白い色が使われています。ですから、蜂の巣が近くにある場合は白っぽい服を着て蜂を刺激しないようにしましょう。蜂退治のときには防護服以外にも長い棒や殺虫剤、ゴミ袋が使われます。これらを駆使して業者や専門家は蜂を退治するのです。蜂の巣を棒で突付き落とします。そのときに中からたくさん蜂が出てくるでしょう。そのときに殺虫剤を使用します。殺虫剤を撒きながら落とした蜂の巣を素速くゴミ袋へ入れます。落とす前に、入りやすいよう籠にゴミ袋を被せておくと便利です。落とした後は飛んでいる蜂や巣に殺虫剤をかけて袋を縛ります。これでは蜂退治はほぼ終わりです。流れだけだと簡単だと感じる人も多いのですが、実際は刺される危険性が高いのでとても大変です。また、蜂は昼に動くので夜や早朝に退治するのが一般的です。そのときなら動きが鈍っているでしょう。しかし、危険なことには変わりありません。ですから、退治したいときはなるべく業者を呼ぶようにしましょう。

保証のある業者を選ぶ

一軒家

飯塚市の害虫駆除業者を選ぶときは、まず実績を見てみましょう。ホームページには過去の実績が載っているでしょう。また、駆除後の保証があるかどうかも確認が必要です。駆除後に害虫が来てしまう場合があるからです。

読んでみよう

自分で駆除しようとしない

住宅

スズメバチはとても危険なハチです。毒性が強く、攻撃性の高いハチだからです。ですから、素人がスズメバチ駆除を行なうのは避けましょう。知識と技術のあるスズメバチ駆除業者へ依頼しましょう。

読んでみよう